シバターが安保瑠輝也に言った最後のメッセージが優しい!

youtube

事の始まりはシバターと安保瑠輝也のスパークリング対決終盤で、シバターがパチンコ対決を提案しました。
そして11月10日に大阪の某パチンコ屋で対決が決まっていたのです。
しかし、安保瑠輝也にドタキャンをされてしまいました。

安保瑠輝也にドタキャンされた理由


安保瑠輝也は11月10日はオフで、シバターとのパチンコ収録の約束を交わしました。そしてシバターはパチンコ収録の段取りをしていたそうです。
そんな中、11月5日に安保瑠輝也から「Abemaから仕事を貰って撮影が入ったからパチンコ勝負をスライドさせてもらえないか」と。
シバターは「もう打ち合わせしてるし、機材とか人とかお金もかかってるので、Abemaの収録の方をずらしてもらえますか?」と安保瑠輝也に提案しました。

結果、安保瑠輝也はAbemaの仕事が一大イベントということで、Abemaの方を優先しました。

そのことについてシバターはビジネスマンとしてずれていると怒っています。

安保瑠輝也からのアンサー


パチンコを2人で打つだけだと思って、いつでもスライドできるんじゃないかということでAbemaの方を選んだみたいです。ただ、先約があるのに対して、一大イベントのAbemaの方を選んで失礼な事してしまったと。
それに関して、シバターから「客を入れて、イベントとして動いていた」ということを知った安保瑠輝也。
その件について何も聞いていなかった安保瑠輝也は「イベントにするってことは(企業案件)なんじゃないか?イベントとしてやるならイベント出演者に話をしたり、ギャランティの話とかもしないといけないんじゃないか?」と、何もそのことについて話をしてこないで自分を利用しようとするシバターにさみしくなったみたいです。

シバターから安保瑠輝也に最後のメッセージ


安保瑠輝也のアンサー動画に対して、シバターが「完全に想像、思い込み」と一蹴。
安保瑠輝也をパチンコ屋に呼んで、パチンコ屋からお金を貰うという仕事の仕方はしない。無駄にパチンコ屋の財布が圧迫しようとするような仕事はしないということです。
そして動画の終盤、シバターから安保瑠輝也に対して、「俺の主張に対して何か反論があるのなら、パチンコ対決できいてやる」

最後の最後まで、逃げ道を用意してあげるシバター優しい!
はたして、安保瑠輝也はパチンコ対決をうけるのかどうか!?

関連記事

K-1世界チャンピオン安保瑠輝也がシバターとのパチンコ対決ドタキャンの件に関して謝罪